2013年02月13日

マジカルチョコリング 

an753.jpg

ハートブレッドアンティークのマジカルチョコリングをいただきました。
an755.jpg

デニッシュ生地に、チョコチップとクルミが入ったパンで
軽いタイプのパンで、温めて美味しくいただきました。

お手頃サイズのベイビーリングもあるようです。
チョコレートの菓子パン好きに、おすすめです。
知人曰く類似品があるものの、似て非なるものだそうです。

<ハートブレッドアンティーク 銀座本店>
東京都中央区銀座3-4-17 OPTICA 1F-2F 地図

TEL/FAX:03-6228-6806

営業時間:10:00〜21:00カフェ :11:00〜18:00(L.O 17:00)

ハートブレッドアンティークのサイトはこちらから




にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 11:42 | 銀座・パン

2009年04月27日

PAUL (ポール)のクロワッサン

画像-1391.jpg

パリでも人気のパン屋ポール(PAUL)。
日本でもパリの味を再現するため、フランスの小麦・塩・水を使い
限りなく近い味を追求しているようです。

PAUL (ポール)1号店の 八重洲店では、カフェの隣接。
キッシュやポールのスイーツも味わえるお店です。

クロワッサンは、確かにパリのポール(PAUL)のパンと
限りなく同じ味が再現されているように思いました。

無休で開放感ある店内はとても魅力的です。


<PAUL 八重洲店 (ポール)>

住所:千代田区丸の内1-11 パシフィックセンチュリープレイス1F

アクセス:
JR東京駅 八重洲南口 徒歩2分 
地下鉄千代田線二重橋前駅 1番出口 徒歩5分 
地下鉄銀座線京橋駅 徒歩3分 

TEL:03-5208-8418

営業時間:10:00〜22:00(L.O.21:20) 

定休日:無休


にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 15:34 | 銀座・パン

2008年12月17日

メゾン カイザーのパン〜松屋銀座B1

7.jpg

メゾンカイザーのパンを、松屋銀座B1のショップで買いました。

オーナーは銀座の木村屋のパンの御子息で、
パン留学でフランスはパリのエリック カイザーで学び
パリと同じレシピで日本の小麦も使用し展開しているパン屋です。

kki.jpg

サクサクしてバターの香り高いクロワッサン。
パリのフィガロで1位に選ばれたこともあるクロワッサンです。

個人的には、アオキサダハルのクロワッサンの方が好きですが
お値段が150円程違う分、あちらは材料のフランス産バターや
小麦にこだわっているのでしょう。

kk.jpg

こちらは、ショッソン オ ポム(アップルパイ)です。
こちらもバターの香り高く、甘すぎないリンゴのコンフィチューが
魅力です。


日本の小麦を使用しているので、同じレシピでも
完全にパリのエリックカイザーと同じ味ではありませんが
なかなか美味しいパンです。




にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座・パン

2008年10月29日

新丸ビルのパン POINT ET LIGNE(ポアン エ リーニュ)

po628.jpg

新丸ビルのパン POINT ET LIGNE(ポアン エ リーニュ)のパンは、
以前友人からいただき、とても気に入った銀座界隈のパンの一つです。

独自に開発した国産良質小麦をさらに様々な素材と自家ブレンドし、
オールスクラッチ製法によりひとつひとつ丁寧に焼き上げています。

オールスクラッチ製法とは、製造過程の短縮や冷凍生地を使用せずに、生地作りから成形、焼き上げまでを一貫して行う製法です。

po715.jpg


ディニッシュ生地にチョコレートが入ったパンです。
バターの香り高く、生地の層もサクッとしていておいしいです。

po742.jpg

マス ケ ブエノ¥180.
スカルポーネクリームをさくっとしたハード系の生地で包み
表面に塗られたグラニュー糖の舌触りが、
食感にアクセントを与えるパンです。

po720.jpg
細長いパンが、アン ビザー¥180。
オリーブオイル風味の細長いあんぱんで、黒糖を使用した
コクのあるなめらかなこしあんを、甘さを控えたシンプルで
ベーシックなセミハード系生地で包み焼いたあんぱん。
斬新で珍しいアンパンです。

もう一方は、こまち¥180.
糖分ゼロの胚芽入り生地を丸い渦巻き型に焼き上げたクロワッサン。
もっちりとした口当たりの軽さと、ローストした胚芽の香ばしさ、
自然の甘さを味わえます。
とてもクロワッサンとは思えない、こちらも斬新なパンですが
クロワッサンとして、アオキサダハルのクロワッサンの方が
断然好きです。

po743.jpg

ドゥォー(小)¥120.
食物繊維やミネラルをバランスよく含むフスマ(小麦の薄皮)が
ぎっしりまぶされた香ばしい皮を持つ、穀物の恵みあふれるパンです。砂糖と油脂を使わずに焼き上げ、もっちりとした食感と
少し塩気のある生地を味わえます。

ソフトタイプのチーズを塗って食べるのに最適です。

po538.jpg

新作パンや、店内でイートインもできるランチセットもありました。

po537.jpg

明るい照明の従来のパン屋と一線を画す 、
間接照明とモダンな内装の店内のパン屋さんです。

POINT ET LIGNE(ポアン エ リーニュ)のサイトはこちらから

にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 14:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 銀座・パン

2008年08月27日

アオキサダハル(青木定治) 丸の内店

p-680.jpg

SADAHARU AOKI(青木定治)のパンの中でも、
クロワッサンが一番好きです。

フランス製の小麦とバターを使用し作られるこのクロワッサン、
¥399と決してお安くはありませんが、
生地の層もすばらしく、とても美味しいです。

先日、パリのサダハルアオキへ行きましたが
スイーツだけでパンは売られていませんでした。

東京限定なのでしょうね。

p-641.jpg

シュークリーム¥400は、青木定治のスイーツの中で一番好きです。
たっぷり入ったカスタードクリームは抜群に美味しく
皮もしっかりしていて食べ応えあるスイーツです。

p-629.jpg

p-630.jpg

p-631.jpg

丸の内の店内は、東京ミッドタウン店よりも手狭ながら
静かでとても落ち着いた雰囲気で好きです。

<boutique Marunouchi 丸の内店>

東京都千代田区丸の内 3-4-1 新国際ビル1F

東京メトロ有楽町駅より徒歩3分

Tél. 0081(0)3 5293 2800

月-日曜日 11:00 - 21:00


パティスリー・サダハルアオキ・パリスのサイトはこちらから

にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座・パン

2007年12月03日

ダロワイヨ 銀座本店6丁目へ移転

263.jpg

ダロワイヨ銀座本店が、銀座2丁目から6丁目へ移転し
新オープンしたのが11/23です。

22時までスイーツやパンが買える、貴重なお店のダロワイヨ。

銀座で食事した後に、スイーツを買って帰ったり
翌日の朝食のパンを買って帰るのに、とても便利なお店です。

262.jpg

エッフェル塔やオペラ座など、スイーツでパリを表現した
素敵なショーウインドー。

261.jpg

シュークリームで作られた、パリのオペラ座が可愛い!!
コンコルド広場にあるオベリスクの塔もあります。

260.jpg

チョコレートに描いた、パリのオペラ座。

265.jpg

翌朝の朝食用に買った「ショッソン・オ・ポム(リンゴパイ)」。
パイの層も、リンゴのコンフィチューも美味しく
完成度の高いパンでした。

店内は、サロンも併設されています。
その他、お総菜もテイクアウトでき
スイーツは、ケーキ、焼き菓子、アイスクリームと多種類。
パンも、バゲットや食パンから、菓子パンまで
種類が多いのが、とてもうれしいお店です。

ダロワイヨのサイトはこちらから

にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座・パン

2007年11月14日

POINT ET LIGNE(ポアン・エ・リーニュ)のパン 

友人からお土産に頂いた新丸B1にある
「POINT ET LIGNE(ポアン・エ・リーニュ)」のパン。

独自に開発した国産良質小麦をさらに様々な素材と自家ブレンドし、
オールスクラッチ製法によりひとつひとつ丁寧に焼き上げたパンは
どれもとても美味しく、斬新なアイディアのパンに感動です!

500.jpg
「アン ビザー(un bizarre)」

フランス語で”変なもの”という名前のこのパン、
スティック状のあんパンです!!

しかも、オリーブオイルの香り付けがほどこされているのです。
意外で斬新な組み合わせである餡とオリーブオイルですが
絶妙にマッチしています。

とても美味しくて感動しました!

501.jpg
「マス ケ ブエノ(mas que bueno)」

イタリアのチーズである、
マスカルポーネクリームが入ったパンです。
とても上品な甘さの美味しいパンです。

504.jpg
「ポアン ショコラ ミ アメール(point chocolat mi-amer)」

チョコレートが入ったパンです。
パンとチョコレートは、いつも相性よしです。

507.jpg
「ポアン ショコラ ブラン(point chocolat blanc)」

ホワイトチョコレートを使ったパンです。
今まで、ありそうでなかったホワイトチョコレートとの組み合わせ。
濃厚で、とても美味しいパンです。


とにかく全種類食べてみたいです。

POINT ET LIGNE(ポアンエリーニュ)のサイトはこちらから







にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 14:43 | Comment(5) | TrackBack(0) | 銀座・パン

2007年09月19日

「SADAHARU AOKI 」のクロワッサン



「SADAHARU AOKI 」のクロワッサンを食べました。


このクロワッサンは、丸の内店で買いました。

食感、味、バターの風味が、とても美味しいクロワッサンで、
感激しました!


しかし、この数日前、
オープンしたばかりの東京ミッドタウン店へ行きました。

店頭に並んでいたクロワッサンを初め、
その他のパンは見た目からして、丸の内店のものとは、
全く別物で驚きました。



確かに、店が変わればパンを焼く職人さんも変わるわけですが
同じ日本で、しかも都内・・・ここまで違って良いのかと・・・。
ただ、オープン当初だったので、今は変わったかもしれませ〜ん。



東京ミッドタウン店のパンのウインドーとパンのツリーです。
アイディアが斬新で、とても可愛いなと思いました。


青木定治氏を初めて知ったのは、もう5年は前でしょうか?
テレビの「情熱大陸」で紹介された時でした。

当時から外国人パティシエでは非常に珍しく、
パリで認められていた青木氏。

「フランスと日本では、小麦とバターが決定的に違うので
自分はパリで作り続ける」とおしゃっていた姿を拝見し、
こんな日本人もいるのかと、いたく感動しました。

あれから時は流れ・・・・。
パリに行った際は、一度はサンジェルマンのこのお店へ
足を運んでいます。

「SADAHARU AOKI 」のサイトはこちらから

にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座・パン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。