2010年07月12日

赤坂 蕎麦 砂場

su237.jpg

赤坂のお蕎麦屋さん、砂場へ行きました。

更科そばの大盛りをいただきました。
香り高く、コシもあっておいしいお蕎麦です。

su238.jpg

いつも鶏わさを頼んでいましたが、焼き鳥にしてみました。
こちらもたいへん美味しい一品です。

小ぢんまりして落ち着く店内。
赤坂のど真ん中に、2階建ての風情ある建物も魅力です。


<室町砂場 赤坂店 >

住所 東京都港区赤坂6−3−5 

電話 03-3583-7670

営業時間 11:00〜19:30、土11:00〜19:00

定休日 日、祝、第3土休

座席 26席




にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 11:56 | 赤坂・六本木レストランほか

2010年04月07日

ナプレのピザ 〜東京ミッドタウン

a228.jpg

表参道のナプレのピザが、東京ミッドタウンにも支店がある
ということで、ランチに行きました。

表参道のナプレは、青山通りに並ばなければなりませんが
東京ミッドタウン店は、東京ミッドタウン内に並べるので
天候を気にせず並べてやはり便利でした。

ランチには、マルゲリータを頼みました。
連れと二人ともマルゲリータを頼んだところ
「うちのピザはとても大きいので、大丈夫ですか?」と
お声をかけてもらいました。

二人とも、ナプレのマルゲリータを堪能するために並んだので
ひとりづつ1枚のマルゲリータを黙々とたいらげました。

表参道のナプレ同様、とても美味しいピザで
とても満足しました。

a226.jpg

ランチには、サラダと飲み物がつきます。

a230.jpg

外の席も天気の日には、気持ち良さそうでした。
平日のみのピザランチ1600円で、最高のピザが味わえるとは
まさに至福の時間です。







にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 15:33 | 赤坂・六本木レストランほか

2010年01月13日

おつな寿司 いなり 六本木店

o273.jpg

0295.jpg

六本木にあるおつな寿司で、いなりをテイクアウトしました。

おつな寿司 いなりの特徴は、いなりの皮である油揚げが
表裏がひっくり返しになっていることです。

食感がかなりかわります。
そして、ゆずの香り付けもその特徴です。

こちらは、岸朝子の5つ星のお土産という本で知って
食べてみました。
ネットの評判では、店内でいただくお寿司は普通ということですが
お持ち帰りのおいなりさんと、かんぴょう巻きは
とてもおいしくいただきました。

いなり寿司(1個¥95)のつめは6個から100個まで、
おしんこ巻きといなりのセット¥795です。


<おつな寿司 >

TEL 03-3401-9953

住所 東京都港区六本木7-14-4 アイビス共同ビル 1F

営業時間 [月〜金] 11:30〜23:00


にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

posted by NAO at 11:46 | 赤坂・六本木レストランほか

2008年02月23日

赤坂 田中屋のお蕎麦

0993.jpg

赤坂はエスプラナード通りにあるお蕎麦屋「田中屋」。
こちらも大好きなお蕎麦屋さんです。

ラストオーダーが午後9時30分 なので、
ちょっと遅くなった夕食にも重宝しています。

077.jpg

こちらでは、お薬味の生わさびをその場でおろしていただきます。

079.jpg

お蕎麦は細くこしがあり上品な味わいです。

073.jpg

赤坂店の店内です。
のれんの掛かった、半個室っぽい空間もいくつかありますが
予約した時以外は通されませんでした。

076.jpg

田中屋のお蕎麦の魅力は、一品料理がおいしいこと。
こちらは「鴨の味噌焼き」それはそれはおいしいです。

080.jpg

天ぷらも季節にあわせて、豊富です。
こちらは「野菜の天ぷら盛り合わせ」です。
カリっとした衣が美味です。


いつもは絶対注文する「卵焼き」や「そば粉のお汁粉」
今回はお腹が一杯で断念。残念です〜。

お蕎麦だけでいえば、赤坂では「砂場」のお蕎麦が好きですが
ゆっくりくつろげる店内や、一品料理の豊富さなどは田中屋です。

用途に合わせて、使い分けて楽しみたいお蕎麦屋です。

赤坂 田中屋のサイトはこちら


にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

2008年02月17日

ラトリエドゥジョエル・ロブション 六本木ヒルズ



ミシュラン東京2008 二つ星
「ラトリエドゥジョエル・ロブション」へ行きました。








ミシュラン東京2008 二つ星獲得のフランス料理、
六本木ヒルズにある「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」で
ランチを食べました。

パリの「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」へは
一度足を運んだことがありますが、
この六本木店でお食事するのは、初めてです。

今回の東京ミシュラン東京2008で三つ星に輝いた寿司店
「すきや橋次郎」に感銘を受けた、
引退したフランスのスターシェフジョエル・ロブション氏が、
復活させた第一店舗目が、こちらのレストラン。

寿司屋のように、カウンター主体の店内。
カウンター内のサービスの人と客とが、
会話を交わし食べるフレンチがコンセプトです。

赤と黒が基調色となり、色とりどりのパプリカ、
香辛料や果物、珈琲豆さえもがインテリアとなり、
スタイリッシュに収まっているのも圧巻です。

パリの店の方が後からオープンしましたが、全く同じ内装です。
数年前に、ニューヨークのフォーシーズンホテルの朝食で
ロブション氏をお見かけしたことがありました。

威厳あるオーラを放っていたのが、印象的でした。
この日もロブション氏は来日中で、
夜にわりとこの店へも、顔を出されているとのことでした。





しかし、この店のコンセプトに反し(笑)、
二人掛けのテーブル席をリクセストしました。
店内を広く見渡せることができて、良い席でした。

¥2900のランチ(前菜+メイン)をオーダー。
それぞれ、3〜5種類のセレクトがあり、
追加料金がかかるメニューもあります。

つきだしは、「豚のリエット」です。おいしい!





前菜に選んだのは、「フォアグラのラビオリ包みの香草スープ」

食べる直前に、生クリームがサービスされ、味わいが濃厚に変わります。
ラビオリ包みの中のフォアグラは、ほんの少しなのですが、
食べた途端、口いっぱいに広がるフォアグラの強烈な味に驚きます。

たったこれだけの量で、この広がり??!!と思うと
相当良質なフォアグラなのでしょう。

スープには、5種類の香草が使われており、
濃厚なフォアグラをあっさり、
かつ絶妙なアクセントをつけていました。



もともとこちらのパン&スイーツの大ファンだった私。
さらっと出された籠いっぱいのパンに感激です!!

二人で計10個のパンが出ました。
バゲット2種、カンパーニュ、ブリオッシュ。

どれも焼きたてで、あまりの美味しさに完食です。
すべて横に併設しているショップで購入可能ですが、
これだけでも、¥1000以上(二人分)のお値段。

¥2900のランチって、超お得です!



メインは、「フランス産の鶏のコンフィ」です。

胸肉、モモ肉の両方味わえました。
日本の鶏よりも、モモ肉の骨が細く味が繊細な感じがしました。

普段、鶏料理を選ばない私も、大満足のひと皿でした。







隣の隣接するショップで、パン&スイーツの購入可能です。
こちらのサンドイッチも、本当においしいですし
デザートも、どれも濃厚でおいしいフレンチテイストのスイーツです。





ランチは、更に¥1000プラスで、デザート&コーヒーが付きます。
もっと品数の多い、本格的なコースのメニューもあります。

また足を運びたいお店です。

ラトリエドゥジョエル・ロブションのサイトはこちらから

にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

2007年12月16日

赤坂のお蕎麦屋 「砂場」

302.jpg

303.jpg

「砂場」というお蕎麦屋が赤坂にあると言うことを、
最初に知ったのは、本で映画監督の大島渚氏がお勧めした記事でした。

いつか訪れたいと思いつつ、忘れてしまっていたある日
銀座の田中屋というお蕎麦屋で知り合った紳士との会話に
「赤坂に砂場という蕎麦屋があってね・・・。」と
再び「砂場」の名前を聞くこととなり、思い出したのでした。

301.jpg

砂場のお蕎麦は、絶品です!!
蕎麦にこんなに”コシ”があるお蕎麦は、そうそう出会えません。

一番上の四角いせいろは、田舎蕎麦の大盛りです。
丸いせいろは、更科蕎麦の大盛り。
どちらも、コシがありたいへん美味しいお蕎麦です。

かなり年季の入ったそば湯入れを使っていましたが、
最近新しくなり、そば湯にいい具合いに”うるし”の味がします。

299.jpg

こちらは「とりわさ」です。絶品です!!
鶏肉をさっと火を通し、半生状態でわさびで和えて海苔をかけたもの。
お蕎麦と一緒に必ず注文します。

306.jpg

大島渚監督が勧めていたのは、こちらの「おしるこ」。
今回やっと念願かなって食べました。

虎屋のお汁粉や、田中屋の蕎麦団子のお汁粉も大好きですが
砂場のお汁粉も、絶品でした!!
大島渚監督が特筆したのも、納得の一品でした。

298.jpg

店内は、とてもこぢんまりしています。
小上がりと、テーブル席があります。

307.jpg

309.jpg

この日は、前国立西洋美術館館長で美術史研究の第一人者である
高階秀爾氏(東京大名誉教授・倉敷の大原美術館の館長)も
お蕎麦を食べにいらしてました。

赤坂にひっそり佇む木造2階建ての蕎麦屋「砂場」。
一度行くとやみつきになるお蕎麦屋です。


<室町砂場 赤坂店 >

住所 東京都港区赤坂6−3−5 

電話 03-3583-7670

営業時間 11:00〜19:30、土11:00〜19:00

定休日 日、祝、第3土休

座席 26席
タグ:赤坂 蕎麦 砂場

にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

2007年09月19日

牛の蔵 赤坂店



牛の蔵 赤坂店で、鹿児島黒毛和牛の焼き肉を堪能しました。


東京赤坂と広尾に店舗のある「牛の蔵」。
お安く、鹿児島黒毛和牛の焼き肉が食べられる、
とても良いお店です。

上の写真の盛り合わせで、2人前約¥5,000です。

個室っぽく仕切られた座席は、とてもくつろげる空間です。





画像右上の大根サラダは、ボリューム満点で驚きです。
画像右下は、最後に出てくるサービスの黒糖がまたおつです。

黒毛和牛の生産者も必ず表示され、
安心で良質なおすすめ焼肉店です。



牛の蔵 赤坂店のサイトはこちらから

にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

「田中屋」 のお蕎麦屋



「田中屋」 のお蕎麦屋で、夜に一杯飲みました。






いつも銀座6丁目のの「田中屋」でお蕎麦をいただきますが、
この日は赤坂店へ初めて行きました。

赤坂店の方が、個室ふうにのれんの掛かった席が多かったです。

不覚にもお蕎麦の画像がありませんっ!
お蕎麦の薬味は、生わさびを自分で下ろすのがいいですね。

田中屋の卵焼きは大好きで、絶対頼みますが、
今回初めて食べて気に入ったのが、上の画像の「焼き鳥」。
串に刺さらない焼き鳥は、きれいにお皿に盛られていました。
とっても美味しかったです!!





アラカルトも充実していて、ひじきの煮物、穴子の天ぷら、
そば粉のお汁粉も頼みました。

それも美味しく満足ですが、このそば粉のお汁粉は、
新定番になりそうです。


田中屋のサイトはこちらから




にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ←応援クリックお願いします

▲このページのTOPへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。